ゲーム・アプリ

絶体絶命都市4Plusの体験版プレイ記その1

こんにちは、ハマヤ(@hamaya_ism)です。

今回は「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」の体験版プレイ日記です。

絶体絶命都市4Plusとは、株式会社グランゼーラから2018年10月25日11月22日発売予定のPS4専用アクションアドベンチャーゲームなんですが

「災害から逃げ生き延びる」というゲームで、震災、水害など災害をテーマにしたシリーズが今までにも発売されてきました。

そして今回発売される4は「就職活動中に巨大地震に遭遇した主人公」を操作し、物語を進めていくのですが、発売を前に体験版がPS4にてダウンロード出来るということでプレイした内容を書いていきたいと思います!!

ちなみに私は絶体絶命都市シリーズは1~2までプレイし、3は途中でPSPが壊れてしまって出来ていないのですが、絶体絶命都市シリーズ大好きユーザーです。巨影都市はやろうかどうか悩んだ末プレイしていません・・・。

今回発売予定の4も、本っ当に発売する日を待って待って待ち続けて、やっと発売日が公表されて心の底から喜びました。本当におめでとうございます、そしてありがとうございます。

絶体絶命都市シリーズは割と「地震や災害をテーマにしたゲームは不謹慎だ!!」と言われがちですが、私としては「それとこれとは違う」と考えている派なので素直にゲームの発売が嬉しいです。

前置きが少々長くなってしまいましたが、絶体絶命都市4Plus体験版プレイ日記を書いていきたいと思います!!非常に画像多めです、ご了承ください。

 

※以下思いっきりネタバレありますので、未プレイの方はご遠慮ください。

 

 

絶体絶命都市4Plus 体験版プレイ記その1

今回は体験版をプレイと言うことで、絶体絶命都市シリーズお馴染みの「選択肢」については人格を疑うかのようなクソな選択肢を選んでプレイしました。

正規プレイの場合は真っ当な選択肢を選んで綺麗に物語を進めたい人なんですが、体験版なので色々と遊びながら進めています。これもまた醍醐味。

 

ゲームをプレイすると「ジングルベル」のBGMと共に画面に雪が舞ってきます。

ーある日、あなたが初めて訪れた街で…巨大地震に遭遇したら…あなたは、どう感じ 何を考え そして どう行動するだろうか…ー

という一文から始まり、早速選択肢が登場。

今までのシリーズだと選択肢でストーリーが変わったり、主人公のステータスが変化したりというシステムはありましたが、今回はどうなんでしょう。

「そんなの、やってみないとわからないよ」を選択し、次に主人公の性別が選択出来ますが体験版のため女性のみの選択になります。

そして新たなシステム、キャラメイクです。

顔の造り、肌色、髪型、髪色を選んで自分好みに作り上げることが出来ます。体験版なので選択肢はわりと少な目。

どうでしょう。

ガン黒銀髪就活ギャルです。意外とかわいい。ここまでやると本編スタートです。

主人公はバスに乗ってとある所へ移動中のようです。

前置きとして「主人公は就職活動中」なんですが、安定の選択肢のふざけ具合。

リクルートスーツを着たガン黒銀髪チャンネーはどうやら、素敵な出会いを求めてバスにて移動しているそうです。笑うわこんなん。

街中を走ってゆくバス。平和を表現しまくっている描写が逆にドキドキしますね。

バス乗車中、急に乗客達のスマートフォンから緊急地震速報の通知音が鳴り響き、主人公もスマートフォンを確認。

本当に鼻歌を歌いだす主人公。

その直後大きな地震によりバスはハンドルも取られ、まっすぐ走行もできずに転倒してしまい主人公は気を失います。

そして再び、初めに聞かれた選択肢に似たような選択肢が現れます。

クソみたいな選択肢を選びたいので、とりあえず「自分さえ助かればいいんだ!」を選択しておきました。

ちなみに「自分さえ助かればいい」という選択肢は、実際そう考える人もいるんでしょうから「クソ」と表現するのはちょっと申し訳ない気もしますが、とにかく今回は自己中心的な主人公にしたいという意図で進めています。

バスの転倒後、目が覚める主人公。バスの割れた窓からなんとか外へ脱出すると、街中は火事が起きていたり、地面はひび割れていたり、建物も崩れていたりととても悲惨な状況。

電話をする人、腰を抜かしてしまう人、写真を撮る人など、様々な人々の様子が伺えます。

先へ進むとスマートフォンのアプリで地震速報を聴いている人だかりに遭遇。とりあえず公園に避難しようとの事で、すぐ右隣の小さな公園に歩いていきます。

自分もその公園に足を踏み入れると急にゲーム側から謎の案内と選択肢が出てきます。恐らく体験版だからかと思いますが、私はまだ散策したいので「警戒しながら探索してみる」を選択して通常通りプレイ出来ます。

そして公園のベンチにうなだれている男性が。

どうやら食べようとしていたお弁当箱を落としてしまった様子。

ずいぶん早い昼ごはんですね^^(すっとぼけ)

このおじさん、どうやら会社をリストラされてしまい、妻にも言えず出社したフリをし続けて過ごしてきたそうで、もうすぐ来る給料日には給与振込されないからバレてしまう…と、酷く落ち込んでいるご様子。

そんなおじさんの姿をみて主人公は…

しびれるそうで体をクネクネしだす始末。

リストラおじさんと別れた後は周辺を探索。瓦礫の下敷きになった人を救助していたり

道路が崩れてしまって向こう側に行けなかったり

目の前でビルが倒壊したりしました。

地震で揺れが起きたら走らず、踏ん張りをすることにより転倒を防ぎます。転倒したらHPが少し減るので、少しでも揺れを感じたらなるべく踏ん張りましょう。(自戒)

ちなみに街灯が倒れてきて直撃するも「いったぁ~・・・」の一言で済んでしまう主人公。

もはや瀕死です。

 

ということで、非常に画像が多いので記事を何個かに分けて書いていきたいと思います。

瀕死状態の主人公、果たして生き延びれるのか・・・!!?次回、「教師とJKとファッションビル」。お見逃しなく。

それでは今回はこの辺にて。