ゲーム・アプリ

絶体絶命都市4Plusの体験版プレイ記その2

こんにちは、ハマヤ(@hamaya_ism)です。

今回は「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」の体験版プレイ日記その2です。

今回は前回の続きを書いて行こうと思うのですが、これ書いてると結構プレイ欲が湧いてくるので早く発売しないかなぁとソワソワしてきますね。

関連記事:絶体絶命都市4Plusの体験版プレイ記その1

というか各地でまだ地震も続いていたりするので、また発売中止とか発売延期とかになるのでは・・・?とヒヤヒヤする気持ちも少なからずあるんですが、都市シリーズ好きな人はみんなこういう気持ちだと思います。

そして後から気づいたんですが、絶体絶命都市4PlusはPS4と、PSVRにも対応するとのことですが

 

VRでプレイしたら間違いなくチビる。なんてったって一人称視点。

 

一人称視点は自分の視界しか見れないので、見える範囲が通常時よりも狭まるため挙動不審プレイ必須ということですよ。

VRを付けていない他人から見たら、完全に不審者になる自信がありますね。

逆に一人称視点の方がリアルなプレイを出来るという面白さもありますが、絶対に怖い(確信)

 

※前回のプレイ記の続きになりますので、今回も絶賛ネタバレ含んでます。未プレイの方はご遠慮ください。

 

 

絶体絶命都市4Plus 体験版プレイ記その2

前回は倒れてきた街灯が主人公に直撃してしまい、最早瀕死状態になってしまった所で終わりました。今回はその続きを書いていきます。

次また地震が来て転んでしまったら、恐らくHPは0になるであろう瀕死状態で街中を歩きまわるのはかなり危険な状態なのですが

回復できるアイテムも持ち合わせていないのでひたすら探索を続けていると、オレンジ色のシャツを着た一人の女性に話しかけられました。

こんな状況で困っている人に付け込んで一儲けとか考えちゃう主人公。

どうやら「ひすい学院高校」の先生のようで、比嘉先生と言うそうです。

ちなみにこの比嘉先生は絶体絶命都市シリーズには毎回出てくるキャラクターで

毎回災害に遭遇している、なんとも不運なキャラクターなのです。

巨影都市にも出演しているらしく、絶体絶命都市シリーズの真のメインキャラクターなのでは・・・?と、私の中では囁かれています。

ちなみに絶体絶命都市1では、まだ17歳の女子高生として登場していたんですが美人さんに育ちましたね・・・。

どうやら3人の生徒が学校から抜け出し街中に遊びに来ているそうで、比嘉先生が探しに来たとのこと。なんて一生懸命なんだ・・・。

少しの良心。ツンデレかな?

そんな訳で青いベストを着た生徒を探すという目的が出来たので、必死な比嘉先生のためにも協力してあげることに。

比嘉先生がいるすぐ近くには大きなビルが建っています。

サクっと中へ入っていくと、服を着たマネキンがあちこちに倒れています。どうやらファッションビルのようです。

この他にも何体か調べられるマネキンがありますが、同じ選択肢しか出てきません。

そしてこの場のすぐ近くには試着スペース。

お?これはマネキンの服を着れるんか・・・?と淡い期待を抱くも、試着スペースに入っても着替えは出来ず、「自分を見つめてうっとりする」というクソどうでもいい選択肢があるので、いいだけうっとりした後は試着スペースから出ました。

 

マジで何も得られないこのどうでもいい選択肢ったらないですね。(真顔)

 

その後、ビルの受付カウンターを調べると「非常持ち出し袋」をゲット!このゲームは「非常用バック」をゲットしてからが本番という感じですね。

中身を確認するとHPを回復するアイテムが2種類入っていたので、全回復するアイテムを使用し、ようやっと瀕死状態から抜け出せました。地震で転倒してHP0のゲームオーバーとかちょっと恥ずかしい。

HPも回復して余裕が出てきたのでファッションビル内を探索し2階へあがっていくと、なにやら女子生徒が2人立っている。

おん?青いベスト・・・?

おま・・・、こんな状態で買い物とか言ってんのかよ・・・(驚愕)っていうか

探し人はおまえ達やんけ!!!!!

お顔がちょっとアレなこの子は「秀美」、奥の女の子は「絵里」と言うそう。

どうしてアタシたちの学校を知ってるのよと言う秀美に対し、絵里は「きっと比嘉先生だわ」と察しが良く、お上品な口調の子。

比嘉先生が探していることを伝えると、秀美があの先生キライなのよねと漏らし、絵里はありがとうございますと比嘉先生にお伝えくださいとだけ言って、その場から動く気配はまるでなし。

とりあえずこの2人が比嘉先生を嫌っていて反抗的だということはわかったけど、エンディングくらいになるとどうせ比嘉先生の一生懸命さに心打たれて和解とかしちゃうんでしょ?ん??

探し人はひとまず見つけたのでそのままビル内を探索していたら、絵里と秀美の近くでコンパスをゲット。

絶体絶命都市シリーズを知らない方からすると「は?コンパス?」と思うでしょうが、これこそ絶体絶命都市シリーズの醍醐味です。

コンパスとはその名の通りで、画面右下にある方角を示すコンパスのことなのですが、道中には沢山のコンパスが落ちていてコンパスを収集していくという、ある意味メインイベントがあったりします。

893ゲーの「龍が如く」でいうと、サブストーリーがメインみたいな感じでしょうかね。(わかりづらい)

コンパス収集しないで進めていく人も勿論いますが、様々なデザインの実用的コンパス・面白コンパスが落ちているので都市シリーズ好きの人はコンパスコンプリートを目指す人も多いかと思います。

ちなみに以前はアイレムという会社が絶体絶命都市シリーズを販売していたのもあり、過去作品では同じ制作会社の「R-TYPE」というシューティングゲームの機体の形をしたコンパスが登場したことも。

知っている人はニヤリとしてしまうような面白要素が含まれているのが、絶体絶命都市の魅力ですね。

 

というところで、画像も多いので今回もこの辺にて。

次回「デザイナーと水着ギャルと万引きと。」

お見逃しなく。